かわいい!!ハムスター人気ランキング【Ver2.0】

かわいい!!人気ハムスターランキング【Ver2.0】

かわいいハムスターを人気の種類別に順位付けしてみました。

人気の秘密や、その特徴も合わせてご紹介していますので 、ハムちゃん選びの参考にしていただければと思います。

番外編として珍しい野生のハムスターもご紹介していますので、最後までお付き合い下さい。

ハムスター人気ランキング 7位 サファイアブルーハムスター

ハムスター人気ランキング 7位 サファイアブルーハムスター

サファイアブルーハムスターは、ジャンガリアンハムスターの改良品種で、青みがかったグレーの毛並みを特徴とし、体長7~12cm程と、ハムスターの中では小柄な種類です。

温和で人懐っこい性格をしていますが、警戒心が強い個体も多いので、急に触ったり、ビックリさせることは避け、手からエサを与えるなど、軽いスキンシップから始めると良いでしょう。

初心者でも飼いやすく、ペットショップでもよく見かける種類です。

年々人気と知名度が高まっており、個体ごとに少しずつ違う体色をしているので、お気に入りの子を探すのも楽しみの一つとなります。

縄張り意識が高い種なので、多頭飼いは避けましょう。

ハムスター人気ランキング 6位 キンクマハムスター

ハムスター人気ランキング 6位 キンクマハムスター

キンクマハムスターは、ゴールデンハムスターを改良して誕生させた品種で、野生には存在していません。

アプリコットカラーの可愛らしい被毛と、体長18~19cmと、一般的にペットとして飼われるハムスターの中では、最大の大きさです。

おっとりとした温和な性格をしており、表情豊かで、ユニークな姿を見せてくれることも、大きな魅力となっています。

噛みつくことはほとんどなく、スキンシップを重ねるごとに、懐いてくれる個体も多く、名前を覚えることが出来るほどに頭も良く、信頼関係が構築されると、飼い主さんが呼ぶと、振り向くこともあります。

初めてハムスターを飼う方、大きいハムスターが好みの方には、特におすすめの種類です。

しかし、縄張り意識が強く、びっくりするほどの激しい喧嘩を引き起こすこともありますので、多頭飼いはやめましょう。

ハムスター人気ランキング 5位 キャンベルハムスター

ハムスター人気ランキング 5位 キャンベルハムスター

キャンベルハムスターは、ドワーフハムスターという野生に生息している、原種のハムスターの一種です。

やんちゃで落ち着きがなく、ちょこまかと、とにかくよく動き回ります。

野生寄りの品種のため、気性が荒く、警戒心が強い臆病な性格をしており、飼い主さんの手を噛むことも多いようです。

しかし、噛まれても根気強く接していると、警戒心もなくなり、手乗りなども可能となります。

ジャンガリアンハムスターと、見た目がそっくりで、体長も7~12cmと同程度のため、見分けることがかなり難しく、ペットショップでも誤って販売されていることが有るほどです。

ハムスターの中でも、特にカラーバリエーションが多く、イエロー、ブルーフォーン、アルビノなど、選べる楽しさは大きな魅力の一つとなっています。

一般的には、ハムスターを飼い慣れた上級者向けの品種と言われており、気性が荒く、縄張り意識も強いため、多頭飼いはNGとなります。

ハムスター人気ランキング 4位 チャイニーズハムスター

ハムスター人気ランキング 4位 チャイニーズハムスター

チャイニーズハムスターは、5位で登場したキャンベルハムスターと同じく、ドワーフハムスターの一種で、モンゴルハムスターと呼ばれることもあります。

1980年代からペットとして飼われ始め、それ以前は実験動物として用いられてきた歴史を持っています。

体長8~13cm程で、細身であることや、3cmもの長い尻尾、短く滑らかな被毛、抜群の運動神経を持っていることを特徴としています。

大人しく好奇心旺盛な性格をしており、飼い主さんにも早い時期から興味を示してくれます。

ハムスターの中では賢く、頭が良い種類で、頭が良いだけに、無理やり掴んだり、怖がらせるようなことをすると、それを学習し、なかなか心を開いてくれなくなることもあります。

飼うことはそれほど難しい種類ではありませんが、ハムスター中級者向けとしての位置付けになるでしょう。

ハムスターの中では、比較的に縄張り意識が低いため、条件によっては多頭飼いが可能な品種となります。

ハムスター人気ランキング 番外編

ここで、ベスト3を前に、番外編として、ペットとして飼うことが難しく、珍しいハムスターを4種ご紹介しておきたいと思います。

ハムスター人気ランキング 番外編① ブラントハムスター

ハムスター人気ランキング 番外編① ブラントハムスター

ブラントハムスターは、西アジア原産で、トルコの乾燥地域に多く生息する野生種です。

ゴールデンハムスターに良く似ており、体長は15~18cmと、ゴールデンハムスターとそれほど変わらないのですが、体重が重く、最大250gまで成長する個体もいます。

実験動物としては飼育されることがありますが、ペットとしてはあまり馴染みのない珍しいハムスターです。

いずれにしても、人に慣れにくい性格をしており、ペットとして飼うのは難しいかもしれません。

ハムスター人気ランキング 番外編② ニュートンハムスター

ハムスター人気ランキング 番外編② ニュートンハムスター

ニュートンハムスターは、ブルガリアやルーマニアに生息する野生の種で、ルーマニアハムスターと呼ばれることもあります。

こちらも見た目の大きさは、ゴールデンハムスターと同程度で、体の上半分はオレンジに近い茶色、お腹は灰黄色、額から背中にかけて黒い線が入っていることを特徴とします。

ルーマニアでは、1995年時点でも、約3000頭しか生息していないと推測されており、現在では準絶滅危惧種に指定されているため、基本的にペットとして飼うことは出来ません。

ハムスター人気ランキング 番外編③ クロハラハムスター

ハムスター人気ランキング 番外編③ クロハラハムスター

クロハラハムスターは 、ロシア、ルーマニアからベルギーにかけての広範囲に生息する野生の種で、ヨーロッパハムスターと呼ばれることもあります。

その名の通り、お腹の被毛が黒いこと、ハムスターの中で最も体が大きいことを特徴としています。

体長20~30cm、体重300~700g、尻尾の長さは約5cmと、もはやハムスターというよりモルモットと言っても良さそうです。

非常に気が荒く好戦的な性格をしており、ペットショップで販売されている、一般的な品種とは一線を画す存在です。

1990年代後半の、ハムスターブームの折には、ペットショップで高値で販売されていた時期もありましたが、人に懐かず凶暴なことから、ペットとして普及することはありませんでした。

さらに、2020年には絶滅危惧種に指定され、原産地からの輸入が禁止になったため、国内で入手することは、実質不可能となります。

ハムスター人気ランキング 番外編④ カンガルーハムスター

ハムスター人気ランキング 番外編④ カンガルーハムスター

カンガルーハムスターは、イラン、アフガニスタン、パキスタン北部などの乾燥地帯に生息しています 。

頬袋を持っておらず、大きな耳を持っており、生物学的には、ハムスターというより、ネズミに近い存在で、カンガルーラットとも呼ばれています。

体長約7~8cm、体重は15~30g程度なのですが、尻尾の長さは、なんと8~10cmにも及びます。

その名の通り、カンガルーのようにぴょんぴょんと飛び跳ねて移動をします。

通常、ハムスターの寿命は、2~3年程度なのですが、 カンガルーハムスターはおおよそその倍、5~6年と長生きなのも特徴です。

欧米ではペットとして飼われていますが、日本での認知度は低く、輸入制限があるため、まれにペットショップなどで見かけたとしても、10万円以上もの値がつくことも珍しくないようです。

いよいよベスト3の発表です。

ハムスター人気ランキング 3位 ロボロフスキーハムスター

ハムスター人気ランキング 3位 ロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスターは、ドワーフハムスターの一種で、世界最小のハムスターとして知られており、体長6~7cm、体重は15~28g程しかありません。

もともと身体が小さなハムスターの中でも、さらに小さく、その見た目の可愛らしさが人気の秘密となっています。

身体は小さいのですが、活発で好奇心旺盛な性格をしており、動きは素早く、運動量は豊富です。

臆病な性格で、素早くちょこまかと動き回り、人に慣れにくいことから、手のりなどのコミュニケーションをとるより、可愛らしい姿や、動きを見て楽しむ、観賞用のハムスターとして適しています。

飼うことは難しくありませんが、ハムスターの中では、中級者向けの種類と言えます。

一般的には多頭飼いが難しいとされるハムスターの中では、最も多頭飼いがしやすい種としても知られています 。

多頭飼いを目的とされる方は、ロボロフスキーハムスター一択になりそうです。

ハムスター人気ランキング 2位 ゴールデンハムスター

ハムスター人気ランキング 2位 ゴールデンハムスター

ゴールデンハムスターは、ハムスターの代名詞的存在と言っても過言ではありません。

1990年代後半に巻き起こった、ハムスターブームの火付け役となったアニメ、「とっとこハム太郎」の主人公も、このゴールデンハムスターでした。

体長17~18cm、体重100~130gと、一般的にペットとして飼われているハムスターの中では、キンクマハムスターに次いで大きな種類となります。

人気の理由は、人に慣れやすく、人懐っこい性格と、その飼いやすさにあります。

また、比較的噛まない大人しい性格の子が多く、もし噛まれた場合は、噛まれる方に問題がある場合が殆どだと言われています。

知能も高く、上手にしつけると、トイレを覚えさせることも可能です。

一方で縄張り意識が強く、多頭飼いには向いていませんのでご注意ください。

ハムスター人気ランキング 1位 ジャンガリアンハムスター

ハムスター人気ランキング 1位 ジャンガリアンハムスター

ジャンガリアンハムスターは、 ドワーフハムスターの一種で、2位で登場したゴールデンハムスターと並んで、知名度の高い種類です。

体長7~12cm、体重30~45gと、小さくて可愛らしい姿をしています。

性格は人懐っこく温厚で、ストレス耐性も高く、トイレを覚えることが出来るほどに賢いなど、ハムスターの魅力がたくさん詰まった、人気No.1にふさわしい種類です。

飼いやすさも抜群で、初心者の方にも、安心しておすすめする事が出来ます。

また、被毛の色もバリエーション豊かで、個体ごとに個性豊かな性格をしていることも、ジャンガリアンハムスターの大きな特徴です。

ペットショップなどで購入前に、しばらく観察して、お気に入りの子を見つける楽しさも魅力の1つとなっています。

しかし、縄張り意識が強い一面もあり、多頭飼いをすると争いを始めるため、同じケージ内で2匹以上飼育することは避けましょう。

ハムスター人気ランキング まとめ

たくさんの可愛いハムちゃんたちが登場しましたね。

あなたにとって一番のハムちゃんは見つかりましたか?

かわいいハムスターをお迎えし、ハムちゃんも飼い主であるあなたも幸せになれましたら幸いです。

ハムスター人気ランキングを動画で視聴する

今回のランキング記事を動画にしてみました。
たくさんの動画や画像を取り入れ、より楽しく、かわいいものになっております。
是非こちらもご覧になってみて下さい。

かわいい!!人気ハムスターランキング【Ver2.0】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!